ニキビ原因

医師や専門家が深く詳しく解説します

ニキビ原因

医師や専門家が深く詳しく解説します

ニキビの原因 ってなんなの?ニキビの原因を知ってきれいな肌を保とう!

公開日
更新日

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
ニキビの原因 をご存知ですか?
肌がきれいな人は、それだけで魅力的ですよね。スキンケアに多くの女性が熱心になるのも理解できる話です。
最近ではお肌の手入れに余念がない男性も増えてきていますね。
そんな男性にとっても、切実な悩みの一つは、ニキビ。
ここでは、ニキビの原因と対策についてご説明しましょう。
 
 

ニキビとは

 
ニキビは皮膚疾患で、正式には尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という名称です。
ニキビを定義すると、手穴に生じる慢性の炎症、または炎症を起こす前の状態ということになります。
 
症状は、炎症前後や程度によって、以下の3つに分類されます。
 
 

白ニキビ

皮脂線から出た皮脂が、毛穴に溜まっている状態
 
 

黒ニキビ

手穴に溜まった皮脂の酸化により黒くなっている状態
 
 

赤ニキビ

毛穴の炎症により赤みを帯びたり、膿がでている状態
 
 

スポンサーリンク



ニキビが出来るメカニズム

 
上述の通り、ニキビは毛穴に皮脂が詰まる事によって起こります。
しかし、赤ニキビの状態は、以下のメカニズムで起きます。
 
1.毛穴が皮脂で詰まる
2.肌の常在菌であるアクネ菌が、皮脂を栄養分にして増殖する
3.増殖したアクネ菌が炎症を起こし、赤ニキビになる

 
炎症が更に悪化すると、「嚢腫(のうしゅ)」となり、炎症が治った後も、ニキビの跡が残ってしまいます。
 
 

ニキビの原因

 
ニキビは、簡単に言えば、毛穴が皮脂で詰まり、その毛穴にアクネ菌が増殖し炎症が起こることですが、そもそもなぜ毛穴が詰まるのでしょうか?
 
 

毛穴が詰まる理由:過剰な皮脂の分泌と過角化

毛穴が詰まる理由は、大まかにいって過剰な皮脂の分泌と、過角化(角質が厚くなる)で毛穴が詰まってしまう為です。
 
不要な皮脂は通常、毛穴から排出されます。
しかし皮脂の分泌量が異常に多くなってしまうと、スムーズな排出が行われず、皮脂が渋滞を起こしたような状態になってしまうのです。
 
皮脂の分泌量が異常に多くなってしまうのは、男性ホルモンが影響しています。
いわゆる思春期と呼ばれる時期には、男性ホルモンが非常に増えるので皮脂分泌も大量となります。この時期を過ぎると、皮脂の分泌量は下がる傾向にあります。しかし、大人になった後も、様々な要因で皮脂分泌が増加します。
 
また毛穴が過剰な角質の肥大により、塞がれ、皮脂が排出できなくなります。
この角質が厚くなる現象を「過角化」といい、色々な原因で生じます。
 
以下、この過剰な皮脂の分泌と過角化について、どのようにして起こるのかをみていきましょう。
 
・男性ホルモン
ストレスが高まると体も心も緊張し、自律神経においては、緊張状態をつかさどる交感神経が副交感神経よりも優位になります。その交感神経が男性ホルモンの分泌を促すのです。
 
またストレスが高まると、ストレスが高まることによる体調の変化に対抗してストレスホルモンが分泌され刺激することにより、男性ホルモン分泌が促進されてしまいます。結果として、皮脂の過剰な分泌を生じると同時に、男性ホルモンは角質を厚くするのです。
 
他にも男性ホルモンの分泌が増える原因として、睡眠不足があげられます。
睡眠不足が継続すると自律神経のバランスが崩れ、副交感神経より優位なった交感神経が男性ホルモンの活性化を招くのです。そのため、皮脂が過剰に分泌され、角質を厚くします。
 
睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の正常な新陳代謝を進めます。
しかし睡眠不足や、肌のターンオーバーが進む22時から3時の間に睡眠を取っていない場合、肌の新陳代謝が進まずに肌の状態が悪化し、結果としてニキビを発生させるのです。
 
 
・プロゲステロン
月経周期前半はエストロゲンが増えるため、肌の代謝を促進するのですが、月経周期の後半である排卵期は、プロゲステロンという黄体ホルモンが増えます。このプロゲステロンが、皮脂の分泌を促進させるのです。
 
またプロゲステロンは、肌の水分量を減らして肌を乾燥させます。
その結果、肌を防御する為に角質が厚くなり、毛穴をふさいでしまう場合があるのです。
 
 
・食事
毎日の食事が、動物性脂肪、糖質、血糖値を押し上げる炭水化物に偏ると皮脂分泌を増加させます。
新陳代謝を促進するビタミンB6、ビタミンAが不足すると、過角化を招きます。
 
カラダを形成するタンパク質の摂取が不足すると、皮膚の生成が停滞し、古い角質が残って毛穴をふさぎます。同時に免疫力の低下も起こり、ニキビ菌の増加を招きます。
 
また皮脂量の制御を行う働きのあるビタミンB2の不足は、皮脂分泌の増加を招きます。
ビタミンCには抗酸化作用がありますが、不足すると毛穴の中の炎症がすすみ、ニキビの悪化につながります。
 
さらにコーヒー、紅茶、アルコール類は、過剰に摂取するとニキビの原因になります。
コーヒー、紅茶の中に含まれるカフェインは、ターンオーバーサイクルを乱しますし、アルコールは皮脂の過剰な分泌を促進します。
 
もちろん、どの栄養素も健康にとって重要なものですが、過剰な摂取、不足をしないようにバランスのとれた栄養摂取が必要です。
 
 
・紫外線
紫外線に反応して、角質が厚くなります。
また紫外線により活性酸素が生じターンオーバーのサイクルが乱れることで、角質が厚くなります。
 
 
・人為的ファクター
良かれと思いクレンジングや洗顔で、皮脂を過剰にとると、肌を防御する機能が低下し、それを補う為に角質が厚くなります。
過角化ではありませんが、クレンジング剤、洗顔料、リキッドファンデーション等メイクアップのために使った成分が、毛穴に入り込み、毛穴を詰まらせることもあります。また保湿が充分でないと古い角質が硬くなり、落剥せずに残る為、毛穴が詰まる原因となります。
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
「ニキビがおでこに出来る原因 はなに? 思春期編と大人編」
 
「ニキビ跡を消す ! どういう方法がある?ニキビ跡ってどんな状態?」
 
「ニキビ跡の赤み が気になる! なぜニキビ跡の赤みはできる?消す方法は?」
 
「顎ニキビの原因 はコレ!原因をしっかり抑えて対策を」
 
「背中ニキビの原因 はなに? 背中ニキビの原因・対策・予防法について」
 
「鼻ニキビ が気になる… でも鼻ニキビを潰してはダメ!効果的な対策とは?」
 
産婦人科医が女性のためのニキビ対策について解説した以下の動画もご参考にしてください。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。